ドメイン取得しないで使うサブアドレスのデメリット

ホスティングのサービスを提供している事業者が利用者に与えているサブドメインを使ってビジネスの目的でサイトを運用するには、幾つかのデメリットがあります。



ホスティングのサービスを提供している事業者が与えたサブドメインを使って自分の会社のサイトを運用しているときには、拡張性や転送制限の問題が発生して、レンタルサーバの切り替えを余儀なくされることがあります。レンタルサーバを切り替えるときには、切り替える前に使用してきたサブドメインは、利用者が自分でドメイン取得をしたドメインを使ったURLではないので利用し続けることができなくなってしまいます。

このようにドメインが変わってしまうと、切り替える前までに使用してきたメールアドレスが使用できなくなるだけでなく、サイトを運営することによって獲得してきたお客様を失ってしまうことになるので、ビジネス目的の利用では独自のドメイン取得は必ず行わなければならないことととなります。

BIGLOBEニュースを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

お客様を全て失ってしまうというのは大袈裟かも知れませんが、メールアドレスやホームページのURLが変わったということを知らせる必要があるので、切り替える前に利用していた事業者のサービスを費用を支払って継続しておかなければならないなどというように幾つかのデメリットがあります。



また、ドメイン取得しないで使っているサブドメインはSSLサーバー証明書を利用してWEBサイトを暗号化をすることができません。